1987年10月27日生まれ、アメリカ出身。高校時代は、バスケも野球も得意で、2つの競技を同時にしていたことも。
プロ野球を意識したのは、シカゴカブスにドラフト指名されたときだそう。ケガをしないよう体をしっかり把握することを心掛けています。
新日本プロレスの内藤哲也選手とは親友。

何かを学ぶときは貪欲に。躊躇はしない

編集部
昨年(2017年)6月、突然のスランプになりました。初対面のサファテ投手(福岡ソフトバンク)に、思い切って電話を掛けて相談したそうですが、その行動力がすごいですね。
ジャクソン
実際に6月に電話をしました。ただ自分としては、調子は悪くなかったのですが、
数字的な結果が付いてきていなかっただけで、不調とは思っていません。
結果が付いてこないと、チームから自分に対する信頼度が変わることも理解しています。
そのため、日本で長く経験しているサファテ選手にアドバイスをもらおうと思い、彼に電話をしました。
編集部
電話することにためらいはなかったですか。
ジャクソン
サファテ選手以外にも、マシソン選手とも話をしました。
僕にとって、〝何かを学ぶ、何かを得る〟ために、躊躇(ちゅうちょ)することはありません。
日本で外国人選手として成功している選手はたくさんいます。
中でもサファテ選手は、カープでも経験があり、日本のリーグでは、一番のクローザーといってもいいぐらいです。
そういった人から経験やアドバイスをもらうことで、自分も何か学べるのではないかと思いました。
学ぶことに、〝貪欲になりたい〟と思っています。野球は非常にメンタルなスポーツです。
精神的な部分を克服するかどうかで、結果が変わってきます。

 

選手もファンも、お互い楽しめることが一番

編集部
ジャクソン選手と言えば、「ジャクソンスマイル」。ファンサービスも大切にされていていますね。そのルーツは何ですか。
ジャクソン
僕が育った環境がそうだったのかもしれません。
子どものころ球場に行って、当時の憧れのプレイヤーたちからサインをもらったりしていました。
そのとき、選手たちが楽しんでいるという雰囲気をすごく感じました。
僕も球場に行って楽しかったのですが、選手たちもしっかり楽しんでいるんだなと感じました。
日本では、野球をエンジョイすることを心掛けています。
ファンもエンジョイするために球場に来ているわけで、お互いエンジョイし合う、そういった関係を作りたいということで、
スマイルをしたり、ファンからの要望をかなえたりするようにしています。
編集部
プロを意識するきっかけは、やっぱり甲子園で、菊池雄星投手(現・西武)の花巻東高校と対戦して1-0で投げ勝っての優勝ですか。
ジャクソン
若いころは、レベルの低いのチームにいて、大変な思いや苦労もしました。
その経験を積む中で学んだのが、〝楽しむ〟ということ。これは、自分がコントロールできるものだと思います。
自分がコントロールできないと、非常にストレスがたまりますからね。
自分でコントロールできることをしようと思った、そこからすごく気持ちが楽になりました。
編集部
高校時代は、身体能力が高く、勉強もできたと聞いています。バスケットが得意だったそうですね。
ジャクソン
高校のころは、みんなと同じ。ただ、僕はスポーツが大好きで、毎日スポーツをしていました。
夏は、高校でバスケットをしていました。あるとき、バスケットの試合に出て、
その後、親の運転する車の中でユニフォームを着替えて、野球をしたということもありました。
それぐらい、日々活発にスポーツをしていました。野球は、その地域を代表して、ナショナルチームでプレーしたこともあります。
バスケットでは、ラスベガスの方まで試合に行ったこともありました。
今振り返ってみると、スポーツをすることを非常に楽しんでいたと思います。
編集部
プロ野球選手を意識したのは、いつごろですか。
ジャクソン
2008年にシカゴカブスにドラフトされたとき、それを受けてプロとしての一歩を踏み出しました。
大学は、もう一年間希望をすれば在学することができたのですが、それをやめてプロとしてスタートしました。

引退したら、もしかしたらレスリングをしているかも(笑)

読者からの質者
プライベートでは、どんなことで〝ジャクソンスマイル〟になっていますか。
ジャクソン
笑えるときは、常に笑顔でいようと思います。
友達や知り合いといるときは、みんながいい気持ちになれるので、常に笑顔を絶やさないようにしています。
読者からの質者
インスタでいつもステキな家族の写真をアップされます。
「家族に会いたいな」と思うときはどんなときですか。
ジャクソン
常に会いたいと思っていますね。父や母とは、週に2回ぐらい電話をしています。
妹が2人いるんですが、2週間に1度は必ず電話をするようにしています。
読者からの質者
新日本プロレスの内藤哲也選手と仲が良いのですか。引退したらプロレスラーに?
ジャクソン
内藤選手とは、仲のいい友達です。野球を引退した後は、何をするかは全く分かりません。
もしかしたら、レスリングをしているかも(笑)。
編集部
かぶり物や縫いぐるみが結構好きですね。今年、縫いぐるみがキリンから「美女と野獣」のピースに変わった理由は?
ジャクソン
キリンの縫いぐるみを何年間か持っていたのですが、今年キリンを卒業しました。
今は、〝美女と野獣〟の野獣の方をジャックス(JAX)と名付けて、遠征のときは彼と一緒にいます。
最近は、内藤ベアが加わりました。これは、プロレスラーの内藤さんからもらったもので、上手く説明できないですが、内藤さんの顔がついた熊というか…。
僕は〝内藤ベア〟と名付けています。今は、JAXと内藤ベアが、僕のトラベリングの友達です。
しゃべらないのですが、「ストレスをためないように楽しくね」って、自分に語り掛けてくれる存在です。

 

(取材/2018年6月)