五日市駅から徒歩5分。閑静な住宅街の一角に突如現れるおしゃれな佇まいの古民家が「カリー食堂 キュリ」です。重厚な作りの日本家屋が醸し出す独特な雰囲気は、どこか懐かしく心地良ささえ感じます。ここは時間を忘れていい場所…そんな最高の場所でいただく「和」のテイストを大切にした本格カリーをご紹介します。

古民家のレトロ空間もごちそう

カリー食堂 キュリ 【広島市佐伯区吉見園】

素材にこだわり、和にこだわり、空間作りにこだわった「キュリ」。大人の隠れ家的な雰囲気でいただく本格カリーは多くの女性に愛されています。店を後にする頃にはすっかりファンになってしまう…そんな町のカレー屋さんです。

古民家のドアを開けると目の前に広がるのはこの佇まい。ランチタイムには列ができるほどの人気店ですが、こんな空間にいられるのなら待つもの楽しい。細部にまでこだわった内観は一度では発見できない楽しみが詰まっています。

優しい口当たりが人気のスペシャルカリーランチ

スペシャルランチ 1,350円(税別)

ランチタイムにはキュリのおいしさが詰まったスペシャルランチがおすすめ。

本日のカリー、サラダ2種盛、デザート、ドリンクが付いています。充実した内容はまさにスペシャル。ここに気の合う友との素敵な時間も加わり、さらにスペシャルなランチになるのです。

日替わりで内容が変わる「本日のカレー」は二種類を用意。ここから好みのカリーをチョイスします。

画像は「パリパリチキンのカリー」。キュリの中でも特に人気のカリーで、しっかりと下味をつけた鶏肉を揚げ、旨味を中に閉じ込めています。中はジューシー、外はパリパリという最高の仕上がりに。そこへ特製の赤ワインソースがかかりアクセントになっています。

野菜と果物が溶けてなくなるまで弱火でコトコト。長時間煮込むことで表現できるとろみは、自然な口当たりに。小麦粉の使用は最小限にとどめているので、野菜とスパイスのまろやかな融合が楽しめます。和のテイストが強いのもキュリの特徴。辛さは中辛(4倍)をメインに0~8倍まで選ぶことができます。そして視覚でも楽しめるようにと、カリーは別かけ。こういう「特別観」は嬉しいものです。いつまでも熱々でいただけるようにと鉄鍋に入っているのもいいですね。

カレーとは大の仲良し。この子たちもキュリのカレーを引き立ててくれます。

セットにつくデザートは和のテイストを重視し「カレーに合うもの」をコンセプトに作られています。季節の果物を使用したデザートのラインナップは「お持ち帰りに販売はないの?」との問い合わせが絶えない人気ぶり。この日は「ミックスベリークリームチーズの焼きプディング」を用意。どんなデザートに出会えるかも楽しみの一つですね。

キュリを代表するもう一つのカリー

レトロカリー 910円(税別)

熱々の鉄鍋でいただくレトロカリーはキュリのメニューの中でも人気者。とろんとした卵と濃厚なソースをカリーに絡め、おこげを作りながらいただきます。香りも存分に楽しめる一品。レトロカリーを目当てに来店するお客様も多いそう。

ゆっくり流れる時を楽しむ大人の隠れ家

落ち着きのあるテーブルとイス、趣のある裸電球。この雰囲気たまりません。「ここでは時間を忘れて存分に大正ロマンに浸ってほしい」というオーナーの思いが作り出す空間。お言葉に甘えて、ゆっくり、まったり過ごしてくださいね。

 

カリー食堂 キュリ