広島駅北口に、2019年4月に開業した複合ビル「グラノード広島」。商業施設が続々とオープンする中、美食×ヘルシー×気軽さを兼ね備えた新店舗「ふぐ料理と有機野菜 とく山」が4月13日にオープン。ご当地アイドル・etto-ettoひろしまのあんてぃーが、料理と空間を体感したリポート動画も要チェック。

 

ランチで食べたい「ふぐから揚げと野菜の丼」

1・2階は商業施設、3~11階はオフィスビル、13~20階には「ダイワロイネットホテル広島駅前」が入居する複合ビル「グラノード広島」。その2階に誕生したのが、和の風情漂う「ふぐ料理と有機野菜 とく山」。山口県・徳山市名産のふぐをはじめ、瀬戸内の新鮮な魚、こだわりの有機野菜を使った料理が、居心地のよい空間で堪能できます。

ランチは、2種類から選べる日替わりプレート(1280円)もオススメ。メイン料理に、小鉢3品、野菜ドレッシングのサラダ、根菜のみそ汁とベルシーだけど食べ応えも満点。ご飯は、合鴨農法で作った玄米か白米から選べます。

動画内であんてぃーが食べたのは「ふぐから揚げと野菜の丼」。サクッと上がったフグ唐揚げとたっぷりの野菜に、きのこ醤油や温泉たまごがとろ~りとろけ、1つの丼で多彩な食感が楽しめます。根菜のみそ汁付きで980円。

その他、海鮮丼1,630円や単品でてっさ、ふぐの唐揚げがあるのもここならでは。

 

食後には、日替わりのデザートとコーヒーを580円でセットにできます。本日のデザートはサツマイモのタルト。有機農法で作られた濃厚なサツマイモがゴロッとそのままタルトに!

 

本場山口のフグや新鮮な魚介を480円~堪能

同店の魅力をとことん味わうなら、ディナーへどうぞ。有機農法の野菜を使った美しい前菜の盛り合わせ(850円)、ふぐの珍味の盛り合わせ(1,450円)、「ふぐの梅醤油麹和え」(700円)などのふぐの逸品をはじめ、見た目にも心高鳴る料理がリーズナブルに味わえます。

メニュー名をみるだけで、食欲をそそる「ふぐのよだれ鶏風」(950円)、他では味わえない「ふぐのレアカツ」(1,580円)など、ここならではの味を堪能してみて。

もちろん、フグといえば!王道の鍋・てっちり2,500円や、〆にぴったりの「ふぐ煮凝り茶漬け(750円)、可愛らしい「ふぐ最中」(600円)なども。

こだわりの酒は300円~3,000円で用意。村重酒造の無濾過生原酒、土井酒造の開運吟醸、車多酒造の純米大吟醸あらにごりフローズンなど、美食と美酒を心行くまでどうぞ。帰りは駅近なのでゆっくり楽しめますね。

 

ふぐ料理と有機野菜 とく山