広島市内って、実は結構カレー専門店が多いってご存知でしたか?
星の数ほどある専門店の中から、 素材、工程、空間のすべてにこだわりが詰まった、地元では有名な名店4選をご紹介。
スパイスカレーや欧風カレーの名店から、古民家風の空間で食べる混ぜ焼きカレーまで。今すぐ食べに行きたくなりますよ♪

油を一切使わない、まろやかヘルシーな「チキンカレー」

一楽章f未完成【広島市中区紙屋町】

広島のカレー好きで、知らない人はいない人気店「一楽章f未完成」。

「一楽章f未完成」のカレーは油を一切使用していないのが最大の特徴であり、こだわり。たっぷりの野菜とフルーツ、そして20種類以上のスパイスを長時間煮込んで作られます。油を使わないことで後味もあっさり、口当たりもまろやかで、そして何よりヘルシー。「優しいカレー」と呼ぶのがピッタリです。

カレーメニューで一番人気なのがこちらのチキンカレー(1,500円)。

一口にチキンカレーといっても、同店のそれは一味も二味も違います。25種類のスパイスにじっくり漬け込んだ鶏肉を焼き上げた、タンドリーチキンがトッピングされています。

とってもスパイシーなチキンがマイルドなカレーのアクセントになり、いろんな味の変化が楽しめる一品。女性にも食べやすいようにとの嬉しい心使いからナイフとフォークが用意されていますが、身もやらわかくスプーンでも簡単にほぐせるほど。一番人気なのもうなずけます。

クラシックが流れゆったりとした店内。不定期ですが店内では演奏会が開かれています。開催日などはHPにて告知されるので要チェック!ランチやディナータイムのひと時に生演奏を聴きながら、絶品のカレーをいただいてみませんか。

 

◆このお店の詳しいレポート記事はコチラ
生演奏が流れるモダンな喫茶店で味わう本格こだわりカレー「一楽章f未完成」

◆DATA
電話/082-249-0221
HP/https://ichigakushou.jimdo.com/
住所/広島市中区紙屋町1丁目4-6 アウスタイル紙屋町3階
営業時間/平日11:30~0:00、土日祝12:00~0:00
定休日/不定休(但し、お盆・年末年始はお休み)

 

熱々の鉄鍋で食べる、混ぜ焼き「レトロカリー」

カリー食堂 キュリ【広島市佐伯区】

五日市駅から徒歩5分。閑静な住宅街の一角に突如現れるおしゃれな佇まいの古民家が「カリー食堂 キュリ」です。

レトロカリー 910円(税別)

熱々の鉄鍋でいただく混ぜ焼きカレーの「レトロカリー」はキュリの看板メニュー。

とろんとした卵と濃厚なソースをカリーに絡め、おこげを作りながらいただきます。香りも存分に楽しめる一品。レトロカリーを目当てに来店するお客様も多いそう。

古民家のドアを開けると目の前に広がるのはこの佇まい。ランチタイムには列ができるほどの人気店ですが、こんな空間にいられるのなら待つもの楽しい。細部にまでこだわった内観は一度では発見できない楽しみが詰まっています。

最高の場所でいただく、「和」のテイストを大切にした本格カリー。ぜひあなたも味わってみて。

◆このお店の詳しいレポート記事はコチラ
ランチは行列も!古民家でいただく本格カレー「カリー食堂 キュリ」

◆DATA
電話/082-923-7022
HP/http://gente-curry.ftw.jp/u20908.html
住所/広島市佐伯区吉見園2-13
営業時間/11:00-15:00(LO14:30)、 17:30-22:00(LO21:00)
定休日/火曜日

 

本格派のスパイシーカレーが評判のお店!

「nandi」(ナンディ)【広島市中区小町】

「毎日でも食べたくなる、ご飯に合う本格派インドカレーの店」をコンセプトに、2011年にオープンした人気店「nandi」。
あの有名な銀座デリーで修業されたという店主が作る、本格インドカレーは絶品です。

スパイシーカレー好きにはたまらない…こちらが噂の「ナンディカレー」。この味を求めて多くのファンが通い詰めます。

「nandi」のカレーは、油分を抑え、りんごやじゃがいも、人参といった欧風カレーに用いられるの食材を溶け込ませることで、日本人の口にも馴染みやすい、どこか懐かしいインドカレーとなっているのが特徴です。

 

女性でも気軽に入りやすい店内は暖かみのある、どこか懐かしい雰囲気。木目のテーブルと椅子が落ち着きます。カウンター席もあるので、おひとりさまにも人気です。

◆このお店の詳しいレポート記事はコチラ
「毎日でも食べたくなる、ご飯に合う本格派インドカレーの店」をコンセプトに、2011年にオープンした人気店「nandi」

◆DATA
電話/082-249-4511
HP/https://www.facebook.com/7300041nandi
住所/広島市中区小町6-20
営業時間/11:00-22:00 、木曜11:00-おおむね17:00 ※なくなり次第終了
定休日/月曜日 ※祝日の場合は営業

 

香り高きコンビネーションカレーと自家焙煎珈琲!

Coffee Roaster&Spice Curry Quadrophenia(クアドロフェニア)【広島市西区草津新町】

コンビネーション(相がけ) セット 1380円 (カレー・副菜・ドリンクのセット)。

スパイスを効かせ過ぎない、誰でもおいしく食べられるようバランスを重視した味わい。スパイスの風味がはっきりと感じられ、各食材の旨味・酸味・コクもしっかり。複雑でありつつも食べやすい、本当に美味しいカレーです。

辛さも選択でき、辛いのが苦手な人や子供でも食べられますよ。

 

赤い外観が目印のクアドロフェニアは、JR新井口駅・広電商工センター入口から徒歩7分。アルパークから徒歩4分の場所にあります

四重人格という意味の造語である「クアドロフェニア」というその名の通り、カフェ・スパイスカレー・パブ・コーヒー豆焙煎所という4つの顔・コンセプトがあり、お店自体も4つのエリアに分かれています。


明るいカフェエリア。

店内の奥に進むとカレーをイメージしたカウンターのみのエキゾチックな空間も。壁にはスパイスがずらり。
ギネスの生ビールをはじめ、クラフトジンやスコッチなどのお酒も種類豊富に揃えてある、通好みのお店です。

同店、もう一つの自慢は自家焙煎コーヒー。
コーヒー豆は作り置きをせず、オーダーが入る毎にその都度焙煎。100gあたり500円から、高いものだと3500円くらいするものまで幅広い品揃えです。

スペシャルティコーヒーが多いですが、有機やフェアトレード、ブルーマウンテンやコピルアック(ジャコウネコのコーヒー豆)など高級豆まで、実際に飲んでみて美味しかった豆を仕入れているとのこと。お客さまの飲みたいコーヒーを聞き、豆と焙煎度合いの選択をしているとか。こだわりがスゴイ!

 

自家製のジンジャーエールやケーキ類、ラッシーやマサラチャイなど、こだわりのメニューがたくさんあり、毎回訪れるのが楽しくなるお店。
ぜひ一度その魅力を味わってみてください。

◆このお店の詳しいレポート記事はコチラ
絶品のスパイスカレーとオーダーメイドの自家焙煎コーヒー 「Coffee Roaster&Spice Curry Quadrophenia」

◆DATA
電話/082-276-1456
HP/https://www.facebook.com/spice.coffee.quadrophenia
住所/広島県広島市西区草津新町2-14-1
営業時間/月~水11:30~23:00、 金・土11:30~23:00 、日・祝 11:30~19:00
定休日/木曜日

 

※記事内の情報は全て取材時のものです。お出かけ前に確認を