「広島に面白いジャムがあるよ」「前に広島に行ったとき、ホテルの人に教えてもらった2層に分かれたジャムがおいしかった!」。そんな声を耳にし、気になっていたジャムを販売するのは「you-ichi GLUE(ユーイチ グルー)」。2層の〝セパレートジャム〟を確かめてきました。(※)記事内の価格は全て税別です

上下で味も色も違う〝セパレートジャム〟

you-ichi GLUE【広島市中区十日市町】

「you-ichi」のジャムは、主にイベントに出店したり、一部のお店で取り扱ったりしていました。でも調べると、今年の夏にお店ができていたんです。広島市中区十日市町の閑静な住宅地にパッと現れる、オシャレな外観にワクワクドキドキしながら扉の向こうへ。

入ってみると、手前に焼き菓子の姿があり、奥に噂のジャムを発見。ありました、2層のジャム!
なぜ2層なのか気になりますね~。

1枚目の写真の上と右下にあるのが〝セパレートジャム〟。「ただ食べるだけじゃなく、遊び心のある物を作りたかったんです。種類が違うジャムを、あえて分けると見た目が面白いですし、オシャレな女性のファッションのようでもあるかなと。また、このジャムを食べるときに混ぜるのか、パン以外の何かに塗るのか、もしかしたらそのまま食べるのか、食べる人が考える〝余白〟があるんですよ」とオーナーのサガワユーイチさん。遊べるおもちゃのようなジャムということで、商品名は「TOY Jam」(1000円~)。季節によって、ときにはオーナーの閃きによってさまざまな味のジャムが登場します。〝セパレートジャム〟は口コミで広がり、手土産としても人気。プレゼントすると、皆さん不思議な顔をしながら喜ばれ、こちらも嬉しくなりますよ♪

2018年10月にはミニサイズの「to:jam」(650円)も登場。こちらもとってもカラフルで、見ているだけでワクワク!「カラフルなコスメは見ているだけでも楽しいですよね。そこにヒントを得て作りました」。こんなところにも遊び心が演出されているんですね。
よく見ると蓋に言葉が。「to:jamで、いろいろなシーンを演出したいなと思ったんです。ギフトとしても考えていたので、そこに〝言葉〟を入れることで、思いを込めることができるのではないかと。言葉は、デザイナーやウエディングプランナーと食事をしながら考えました」。言葉でジャムを選び、いくつか組み合わせてプレゼントしてもいいですね。

マロンパイやマフィンなどの焼き菓子も人気

お店に入ったときから気になっていた焼き菓子は、マロンパイ(300円)が人気だそう。季節によってはアップルパイなどが並ぶこともあります。
マフィンもあり、ピスタチオラズベリー(460円)が定番商品になるほどの人気ぶり。こちらも「行くたびに新しいマフィンが?!」という感じで、さまざまな種類が登場するそうですよ。

見た目が面白い、話題のボトルケーキ

話題の「ボトルケーキ」(600円)たちも! 写真は左がラズベリーピスタチオ、右がコーヒー。スポンジケーキ、マスカルポーネチーズを使ったふわっと柔らかい生クリーム、ゼリーが層になっていて、上から下まで一気にすくって食べてもよし、甘い部分とゼリー部分を交互に食べてもよし。甘過ぎないので、気付いたらあっという間に完食!というおいしさです。

テラス席で空鞘公園を眺めながらのんびりとしたひとときを

ウッドデッキのテラス席もあり、空鞘(そらさや)公園を眺めながらのんびりゆったりマフィンなどをどうぞ。ドリンクは、コーヒー類、他のお店ではあまり見ない味のソーダなどもあるのでお楽しみに。
営業時間が少し短め(11:00~16:30)なので、なかなか行けないかもしれませんが、それでもなんとかして行きたくなる同店。営業時間の短さは、子育てママも働きやすいようにと考えているからだそう。「朝、子どもを送り出し、夕方子どもを迎えに行く。働き方を提案するお店でもあります」とサガワさん。実際、スタッフの皆さんの中には子育て中の方も。働く人のことを思い、お客さんには遊び心ある商品を贈る。その存在がうれしいお店でもありますね。
(※)記事内の価格は全て税別です

you-ichi GLUE(ユーイチ グルー)