女性店主が一人で切り盛りする「プリザーブドフラワー&カフェ花みづき」は、先々代から受け継がれたお店を改装して、6年前にオープンしたカフェです。
酒どころ・竹原市を代表する”酒かすスイーツ”が話題。バラをメインとしたプリザーブドフラワーのギャラリー&販売も。

ふわっふわの酒かすスイーツ!? 氷甘酒が絶品!

プリザーブドフラワー&カフェ 花みづき【竹原市本町】

竹原市の町並み保存地区の中央に位置する「花みづき」は、町のシンボルともいえる西方寺普明閣の真下にあります。

お店の外観は、町並み保存地区になじみの深い、京町屋を連想する格子窓と格子の扉。とてもレトロな雰囲気です。

お店の中に一歩足を踏み入れると、カウンター席とテーブル席があり、和モダンな雰囲気。竹の街竹原らしく、壁には竹の装飾、天井には網代が用いられ、こだわりの設計です。

そんな、花みづきの一番人気メニューは「Snow Ice」。中でも、氷甘酒がイチオシ!

氷甘酒・竹鶴~450円(税別)

「氷甘酒」は甘酒を凍らせて削ったもので、竹原市の3酒蔵の酒かす、3種類が用意されています。写真は、竹鶴酒造の純米吟醸酒。

とても濃厚な味わいで、イチゴソースとの相性も抜群でした。削りたてはもちろんふわふわの触感でとても美味しいですが、少し溶けると今度はアイスクリームを食べているような感覚に。最後まで美味しくいただけます。

お酒の種類によって氷の色や味がそれぞれ違うので、目でも楽しみ、食べても楽しめるのがこのアイスの良いところですね。

その他にも、お酒を使っていないスノーアイスでは、黒蜜きな粉が一番人気なんだとか。シロップは7種類から選べます。

 

ウサギ島にちなんだ、かわいいデザインのホットケーキ

竹原市にある”ウサギ島”こと大久野島にちなんで、ウサギデザインのホットケーキがあります。

お月見ウサギのホットケーキ 500円(税別)

ホットケーキの上に乗せられた丸いバターがお月様。竹の切り株からウサギが顔を覗かせ、お月見をしているように見えませんか?抹茶パウダーと餡子とホイップを添えて和風の仕上がり。とってもかわいらしい盛り付けで、子供も喜びそうです。

 

ところで、このお店、コーヒーカップとソーサーにもこだわりアリ。

コレクションの一部

食器好きの先代のコレクションが10種類以上もあり、どれもとっても魅力的。

コーヒーを注文するときは、自分の好きな食器をリクエストすることが出来ます。自分のお気に入りの器でいただくコーヒーはまた格別ですよ。

 

リピーターの多いブリザーブドフラワー販売

お店の壁際には、沢山のフラワーアレンジメントが飾られています。オシャレな容器に入れられたものや、竹かごを使ったアレンジメントも目を引きます。可愛らしいものから豪華なものまで様々です。

ブリザーブドフラワーはオーダーも可能。納品までの期間はお店にお問い合わせを。

竹原竹工芸作家手作りの竹かごへのアレンジ 4000円(税別)

こちらのブリザーブドフラワーはファンも多く、市外、県外からのオーダーも多いそう。毎年お友達のバースデープレゼントとして贈る人など、リピーターも多数いらっしゃるとのこと。

ハーバリウムやブリザーブドフラワーのワークショップも2ヶ月に一度、定期的に開催中。

 

美味しいものを食べて、もの作りに集中する。そんな時間を過ごしてリフレッシュしてみては?

プリザーブドフラワー&カフェ花みづき