昔ながらのコッペパンの常識を覆す、しっとり美味しい手作りのコッペパンを提供するコッペパン専門店「松本幸司の世界観」。
2018年3月のオープン以来、その独特の世界観で注目を集めています。
立食スタイルで店員さんとの距離感も近いので、無料のコーヒーをいただきながらお話しできるのもポイント。

紙屋町西電停から徒歩2〜3分と立地もいいので、気軽に立ち寄れますね。

ランチ時は争奪戦!?手作りこだわりコッペパンが魅力

松本幸司の世界観【広島市中区大手町】

ファンキーな外観が目をひく、コッペパン専門店へ行ってきました。

店内もカラフルで、楽しくなります。

店名にもある通り、店主・松本さんの強烈な「世界観」があちこちに散りばめられたアイテムたちから感じられます。

店内に椅子はなく、立食スタイルでのみ飲食可能です。

一度に3〜4人は利用できそうです。

すべてのメニューになんと無料でコーヒーが付くのが嬉しいところ。

頼めば麦茶も出してもらえます。妊婦さんやカフェインが苦手な方にも優しいですね!

 

おすすめ記事/コーヒー好き必見! 屋久島のコーヒーがいただける隠れ家カフェ「Kiki Coffee(キキコーヒー)」

 

こだわり抜いた手作りコッペパン

コッペパンは毎日店内で手作りしています。

特にコッペパン作りでは水の温度を一定に保つために、室内にいるスタッフの人数やその日の気温などまで考慮し、毎日計算して作り上げているそう。

そのこだわりの甲斐あって、水分量の多いもっちりとした食感に仕上がっています。

特に年配の方から「昔のパサパサしているコッペパンのイメージが変わった!」と、好評なんだそうです。

 

一番人気は「マツモトバターサンド」

店内一番人気は「マツモトバターサンド(350円)」。

手作りのバターレーズンがたっぷり入ったおやつ系コッペパンです。

厚めに切られたバターレーズンが入っているのでコクがあり、レーズンの酸味がなんとも言えない調和を生んでいます。

個人的には控えめに塗ってある餡が絶妙でした。

 

おすすめ記事/チョコ好き必見!上質なカカオを楽しめる自家製チョコレート工場「rit.(リタルダンド)」

 

チップがサクサク「フィッシュ&チップス」

二番人気はこちらの「フィッシュ&チップス(380円)」。

持ち帰らせていただきましたが、家に帰っても厚めのチップがサクサクなままで美味しかったです。

お魚のフライもとってもジューシー。

 

おすすめ記事/大手町にオープン!呉で話題のパン屋さん「粉こから」

 

コロッケがたっぷり2つも入った「北海道産コロッケ」

インパクトがあるのが、こちらの「北海道産コロッケ(340円)」。

なんと大きなコロッケが2個も入っています。

とにかくボリュームがあり、お腹ペコペコだけどさくっとパンで済ませたい、そんな職場のランチなどにぴったりだなと思いました。

 

おすすめ記事/瀬戸内海の島々を一望できる絶景のイタリアンレストラン「CAFE HOXTON」

 

大胆なセールやイベントもあり、今年はバレンタインにも注目!

以前はカープの優勝セール時に数量限定で昔ながらのナポリタン(通常価格280円)をなんと30円で販売したことも!

今年のバレンタイン(2/1〜2/14予定)には、全てのメニューに無料でチョコソースの追加ができるイベントも行うそうです。

勇気のある方はお食事系メニューへの追加も可能です(笑)

シェアして食べたいコッペパン

どれも美味しくボリュームがあるので、数人で買って帰ってシェアして食べる楽しみもありますね。

持ち帰り用の紙袋もおしゃれなので、注目されること間違いなしです。

ぜひお友達や家族で、松本幸司さんの世界観をご堪能くださいね。

◆おすすめの関連記事◆

おすすめ記事/広島に来たら訪れたい平和記念公園周辺の観光スポット5選

松本幸司の世界観