常時30~40名のハンドメイド作家の作品を扱っている「アリトイチゴ」。オーナーの大好きがいっぱい詰まった店には、アクセサリーや洋服、服飾小物にインテリア小物など、ここにしかない1点物が並びます。お気に入りを見つけに訪れてみませんか。

ウキウキとワクワクに出合う場所

アリトイチゴ【東広島市高屋町】

東広島市高屋町の住宅街にある一軒家を、複数のオーナーが部屋をシェアしてお店を開いています。その1階にあるのが、ハンドメイド雑貨の店「アリトイチゴ」です。「女性が喜ぶもの」をコンセプトに、オーナーの松浦留美穂さんが選んだハンドメイド作家の作品の販売や、各種教室を開催しています。

さっそく中を覗いてみましょう。

玄関でスリッパに履き替えて建物に入ると、すぐ右手にあらわれるのが「アリトイチゴ」です。

擦りガラスが入ったレトロな扉が目印。

そっと開けると、見ているだけで、ウキウキしたり、ワクワクする小物が出迎えてくれますよ。

30~40名の作家の作品を取り扱う

アリトイチゴにはアクセサリーを中心に、布小物や革細工、ブリザーブドフラワー、イラスト、洋服やバッグ、コサージュなどの服飾小物など、常時30~40名の作家の作品がずらりと並びます。アリトイチゴに集まる作家さんは、細部にまでこだわる職人気質の人ばかり。ここで作家さんを募集することはなく、作家さんが新たな作家さんを紹介して現在の数までになったのだとか。

なんといってもアクセサリーの種類は豊富。女性的なエレガントなものから、カジュアルなものまで幅広くそろいます。広島では数少ない、ヨーロッパの伝統的なコード刺繍であるソウタシエ作家さんのアクセサリーも扱っています。

革細工の小物たち。右横にある革細工のピアスは、色の組み合わせもデザインも楽しい一品。

ブリザーブドフラワーやフェルトの小物、他にも布マスクやポーチなど、1つ1つ手作りで丁寧に仕上げられた品が並びます。

 

作品とお客様をマッチング

アリトイチゴのオープンは2010年。この店を始める前まで、オーナーの松浦さんもハンドメイド作家の1人でした。子どもや大人の洋服を作っては、広島市内のお店で販売したり、マルシェなどで直接販売したりしていたのだそう。「東広島にも販売できる店があったらな」と思っていたころに、こちらの場所を使ってみないかと声をかけられて出店を決めました。

オープン当時から扱う布小物たち。中でもマスクは超がつくほどのロングセラーです。幼稚園児が使う小さなサイズから大人の男性が使えるサイズまで、色柄ともに豊富にそろいます。

 

始めたばかりのころは、松浦さんも作家としての活動を続けていたのですが、作家さんの数が増えるにつれてお店の仕事に専念することに。もともと作り手だった松浦さんなので、作家さんのこだわりや苦労、喜びもよく理解しています。今では作家さんにとって良き理解者であり、応援してくれる同志のような存在に。ひとつひとつの作品がどのように作られたのか、どんな人が作っているのかを作家さんに代わってお客様に伝えています。

 

「お客様の求めるものを作家さんに伝えるのも私の役目だと思っています」とも語る松浦さん。作家さんのそれぞれの世界観やオリジナリティを大切にしながらも、「お客様が求めているもの」を提供することも店として大切なこと。作家とお客様のマッチングをサポートする存在でもあります。

作りたい! 知りたい! 綺麗になりたい! が叶う教室も開催

アリトイチゴでは各種教室も開催しています。

 

ソウタシエ作家 Rinje先生のソウタシエ教室。初めての人はネックレスを作ります。

さっちーさんのワイヤー教室。 ワイヤーでステキなインテリアや実用的な小物を作ります。こちらは店内でも使用されているワイヤーのランプシェード。天井への反射がとっても素敵です。

プリザーブドフラワーの花ちゃん先生によるお花の教室。ハーバリウムやアレンジ、季節のお花(クリスマスリースやしめ縄など)、要望に合わせて開催しています。

他にもマーブルアートやビーズアクセサリー、磁器上絵付や編み物などのハンドメイド教室や、美容カイロ、足つぼマッサージ、美顔トリートメント、メイク、姓名鑑定まで、女性が喜ぶさまざまな教室が開催されています。

自分だけの品に出会いに訪れるもよし。暮らしに彩りを加える教室に通いに来るも良し。アリトイチゴでウキウキ、ワクワクと過ごしてみませんか。

アリトイチゴ