2019年3月16日(土)に開通した「おおさか東線」によって、新大阪駅から直結した奈良。広島駅から最短約2時間30分で到着できる奈良駅エリアを中心に、女子旅にぴったりのお薦めの観光スポットを紹介。歴史を感じる古都・奈良には、一度は訪れたいすてきなスポットがいっぱい。友達同士や母娘で、わくわくする奈良の旅の計画を立ててみませんか。(ライター/吉本智子、写真/DELTA Photography 浅野 堅一)

開運招福を願う「春日大社」

「水谷九社めぐり」をした人だけのお楽しみも…

国家鎮護、平城京に流れる水の守り神として創建された春日大社。2018年に創建1250年記念 を記念して140年ぶりに再興された「龍王社」は、かつての龍神信仰の中心でもあり、「水谷九社めぐり」の中でも人気が高いお社。また九社めぐりをしている人だけが通れる〝森の中の道〟などもあります。すべて回って御祈祷所に戻ると、祈願札の丸い型の部分を抜いて御守りのポケットに入れて持ち帰ることができます。

どれを選ぶ?「鹿みくじ」

これまでの木彫りの「鹿みくじ(初穂料500円)に加えて、陶器の「白鹿みくじ(600円)」も。ピンときた子がくわえているのが、その人の運勢。ちなみに、この日のモデルさんは中吉と大吉でした♡

神職・御巫(みかんこ)等の案内による水谷(みずや)九社巡り
各社の説明を聞きながら九つの社を参拝し、お守りと御朱印を授かります
・5/20㈪~6/2㈰14:00~15:00
・参加料1,500円(当日受け付け)

◆春日大社
住所/奈良県奈良市春日野町160
開門時間/
夏期(4月~9月)6:00~18:00
冬期(10月~3月)6:30~17:00
本殿前特別参拝は、9:00~16:00
※ H31年4月1日から開門時間が変わります。
3月~10月 6:30~17:30
11月~2月 7:00~17:00
※お出かけ前に確認を
電話/0742-22-7788
http://www.kasugataisha.or.jp/

 

阿修羅像の待つ国宝館は必見「興福寺」

天平の文化空間を現在に蘇らせた「中金堂」

五重塔、三重塔、東金堂、南円堂、北円堂などが大伽藍(がらん)を形成する興福寺。現在「天平の文化空間の再構成」を合言葉に境内の史跡整備事業を展開しており、江戸時代の中金堂焼失以降規模を縮小して再建された「仮堂」を解体。発掘調査、柱などの材の収集を経て、2010年の立柱式から8年の歳月をかけて創建当時の様式に復元。5代目の御本尊も「中金堂」の名の由来の通り、当時の金色の姿に修復されました。

教科書で見た歴史と対面する「国宝館」

日本史を学んだ人なら、「興福寺」と聞いて思い浮かぶのが「阿修羅像」と「仏頭」ではないでしょうか。教科書で見た国宝や重要文化財がずらりと並ぶ「国宝館」は、ぜひ時間をかけて拝観したい見どころです。

興福寺国宝館/拝観料大人700円、中高生600円、小学生300円、入館時間9:00~17:00


特別講話「よみがえる天平文化~中金堂再建・阿修羅像」
・4/14㈰、5/12㈰、25㈰13:30 ~ 14:30
・参加料1,000円(中金堂拝観料、お土産付き)
TEL/0742-30-0230(奈良市観光協会)
※詳細は、https://narashikanko.or.jp/naratime/ja

法相宗大本山 興福寺
住所/奈良県奈良市登大路町48番地
TEL/本坊寺務所 0742-22-7755(9:00~17:00)
http://www.kohfukuji.com/

1300年の歴史は圧巻!「東大寺」

大人も挑戦したい「大仏殿の柱の穴くぐり」

修学旅行で東大寺を訪れた人は、大仏様の鼻の穴と同じ大きさといわれる柱の穴をくぐった思い出のある人もいるのでは? この穴くぐりは、今も老若男女を問わず人気。モデルさんが「今度はパンツスタイルで来て挑戦したい!」と話していると、東大寺の方が通り抜けのコツを伝授してくださいました。体を斜めにして、穴の対角の空間をうまく使うと通り抜けやすいそうですよ。

「南大門」を通る時は、〝上〟にも注目!

まず正面からその大きさに圧倒され、門をくぐる時は左右の金剛力士像に目が行きがちな南大門は、「上もぜひ注目してください」とのこと。宋の技術を取り入れた鎌倉時代再建時の最先端技術、「大仏様(だいぶつよう)」と呼ばれる独特の建築様式がよくわかる造りになっています。


写経体験と大仏殿自由参拝~本坊大広間で〝ひらまつレストラン〟の特製ランチ付き
本坊写経道場での写経体験の後、通常非公開の本坊大広間で特製ランチをいただきます
・6/16㈰、21㈮、23㈰、28㈮、29㈯11:00~13:00ごろ
・各回定員20人、参加料7,000円
TEL/0742-81-8680(うまし奈良めぐり実行委員会事務局)

東大寺
住所/奈良県奈良市雑司町406-1
TEL/0742-22-5511(東大寺寺務所)
http://www.todaiji.or.jp/

シカに癒やされる!「奈良公園」

奈良のシカはマッチョ?

広大な奈良公園では、カワイイシカたちに癒やされちゃいましょう。
今は餌やり規制をされている宮島のシカと違い、毎日大勢の観光客から「鹿せんべい」をもらい、さぞや満たされているだろうと思いきや…。「鹿せんべい」を持っていると見ると猛烈な勢いで集まってくるのを、「持ってない、ない」と必死のアピールで回避。筋肉質で大きい個体も多く、モデルさんが「奈良シカはマッチョですね」と言い表していました。


JR「おおさか東線」全線開通で、広島からのアクセスが、グンとラクになった古都・奈良。
今なら特別なキャンぺーンも。
詳しくは、JRのHPをチェックしてみて。
JRおでかけネット

 

※掲載した情報は全て取材時のものです。お出かけ前に確認を