広島ICまたは、広島北JCTから中国自動車道を経て、米子自動車道の蒜山ICまでは約3時間。
四季の移り変わりで、色合い豊かな景観が楽しめる蒜山高原の周辺には、地産のそば処や産直市、ハーブガーデンなどのお楽しみスポットも満載で、何を食べようか、どこに行こうかと迷います。1日だけでは、とても見て回れませんが、季節の旬の物を味わうように、何度も訪れて、高原の景色を堪能してみてください。

ファミリーにも♪ 自然いっぱいの「蒜山高原」

「ひるぜんジャージーランド」周辺ではこんな景色に出会えます(2018年3月撮影)

米子自動車道、蒜山ICを降りると、大山国立公園内にある西日本屈指のリゾート地の入口の目印トーテムポールがお出迎え。
日本最大のジャージー牛の産地としても有名な蒜山高原。

レジャー施設「ひるぜんジャージーランド」は、遊園地やキャンプ場、乗馬やサイクリングといった、高原アクティビティが楽しめるレジャースポットがたくさんあって、その周辺には、茶色のくりくりした目がかわいい牛たちがのんびりと日向ぼっこをしている牧歌的な風景に出会え、普段見ることのない景色の数々に、心が躍ります。

子ども連れのファミリーは、一日中遊べますよ。

 

「道の駅 風の家」は、新鮮野菜が人気

蒜山高原入り口の近くにある、大きな風車が目印の「風の家」道の駅。蒜山高原の乳製品やお土産品などを扱うショップと共に、「新鮮野菜場」が人気です。

地元の採れ立ての新鮮野菜や果物や花木が、テニスコート2面くらいの広さの場所に、所狭しと並べられています。地元の人たち御用達の朝市としてだけではなく、遠方からも新鮮な野菜を目当てに、多くの観光客が訪れています。

かごの中には、いろいろな野菜が盛りだくさん

大根や小松菜、ほうれん草といった常備野菜はもちろん、蒜山の大自然が育んだトウモロコシ、トマト、ブルーベリーなど季節の野菜や果物も豊富ですよ。

トウモロコシも白いものや、さまざまな品種の違う物がたくさん。どれも新鮮な自然の甘みがあるので大人気です。

DATA
住所/岡山県真庭市蒜山上徳山1380-6
電話/0867-66-4393
営業時間/8:30~16:30(夏期、土日祝は時間延長あり)
定休日/4月~11月 無休|12~2月水曜日休み|3月は第1・2水曜日休み
駐車場/224台
http://ww52.tiki.ne.jp/~kazenoie/

 

「味覚工房 そばの館」 出来たての蕎麦を味わう

道の駅「風の家」の向かい側には、そばの名店があります。
栽培から玄そばの調整まで一貫して製造。その日に食べる分だけを石臼引きして提供するという、挽きたて、打ち立て、茹でたての“三たて”にこだわったお店です。

地元の山菜・野菜を中心にした天ぷらが添えられる天ざるのほか、蒜山大根を使ったおろしそばなど、人気メニューも多数。

遠方からもファンが訪れるので、ランチは早めに行くとよいですよ。

天ざる(並盛)1,060円 山菜の天ぷらがサクサクで、ざるそばとの相性がピッタリ。

DATA

住所/岡山県真庭市蒜山上徳山1375-1
電話/0867-66-7101
営業時間/10:30~16:00(時期や曜日により時間延長あり)
定休日/不定休(7月・8月と祝日は除く)
駐車場/34台
http://ww52.tiki.ne.jp/~kazenoie/soba-top.html

 

「蒜山ハーブガーデン Her Bill(ハービル)」で深呼吸

米子自動車道の蒜山ICを降りて約5分。
蒜山の大パノラマを望む山の斜面を切り開いた広大な土地に、ボタニカルガーデン「Her Bill(ハービル)」があります。
ボタニカルガーデン、香りの館、カフェ&レストラン、ラベンダー畑、森の小径、ドッグランなどエリアごとに特徴があって見ごたえ十分。
入場料は大人300円、中学生が200円でリーズナブルです。

香りの館

女性受けのする、香りのグッズやハーブを使ったかわいい小物などが販売されています。
香りのサシェ、ローズ柄の小物雑貨やハンカチ、アロマキャンドル、ガラスグッズなど、お土産にピッタリ。

ボタニカルガーデン

ハーブガーデンには、約200種類のハーブが栽培されています。四季を通じて数百種類の花々が咲き続け、しつらえに工夫が施してあるので、ガーデニング好きは見ているだけで楽しく、参考になります。

カフェ レストラン

1階はレストランとカフェ。ハーブや山菜などを使った料理や、ラベンダーのソフトクリームなど、さまざまなハーブが味わえ、2階では、リースやアクアリュームの作りが体験できる工房もあります。

ガーデニング用品や苗の取り扱いもあって、見るだけでも楽しいです

ラベンダー畑  森の小径

丘陵一面に広がるラベンダー畑は、まさに空中庭園。広い青空を背景に、空気がさわやかです。

初夏には紫色のじゅうたんを敷き詰めたように咲くラベンダーを、プラスチックのカップいっぱいに摘んで持って帰れるのも魅力です(1カップ500円)。

ラベンダー畑を抜け、森の小径へと続く高台では、蒜山高原全体を見渡すことができます。
紫陽花園や水辺の道、ドッグランにもつながっています。
園内は高低差があるので、歩きやすい服装がおススメ。駐車場からの移動や、ラベンダー畑、森の小径の散策などは、足の不自由な人や、お年寄りには少し大変かもしれませんが、カフェレストランの屋外テラス席は見晴らしもよく、ボタニカルガーデンとはフラットにつながっているので、十分楽しむことができます。

DATA

住所/岡山県真庭市蒜山西茅部1480-64
電話/0867-66-4533
営業時間/9:00~16:30  (季節によって営業時間の変更が有ります)
定休日/4~11月は無休|12月~3月は休園
入場料/大人300円|中学生200円
駐車場/有
http://ww81.tiki.ne.jp/~herbill/herbill-home.html

 

※記事内の情報は、全て取材当時の物です。お出かけ前にHPなどで確認を