2019年1月、広島市中区八丁堀エリアにオープンした「ホテルインターゲート広島」。
7月7日の『クールアース・デー』に合わせ、「GRANVISTA Candle Night(グランビスタ キャンドルナイト)~和蝋燭の灯りと福山琴の音~」を開催。地球に優しい和蝋燭のあたたかな光の中、環境のことに思いをはせるひとときを過ごしませんか。

古き良き伝統文化に包まれ、環境を思うひととき

今年の初めに、八丁堀エリアの新しいランドマークとして誕生した、「ホテルインターゲート広島」。
旅行者のための空間としてはもちろん、さまざまなイベントや空間づくりでも話題を集めています。

7月の「クールアース・デー」に合わせ、7月4日(木)・7日(日)に、「GRANVISTA Candle Night(グランビスタ キャンドルナイト)~和蝋燭の灯りと福山琴の音~」を開催。同ホテル最上階のインターゲートラウンジで、環境に優しい和蝋燭のあたたかい光の下、経済産業大臣指定の伝統的工芸品である福山琴の音色に包まれる…。そんなスローな時間を楽しむイベントです。

写真は昨年京都で開催されたもの

当日灯される〝和蝋燭〟は、200年の歴史を持つ愛媛県内子町の「大森和蝋燭屋」のもの。江戸時代から伝わる手法で作られた伝統的な和蝋燭です。

 

華麗な装飾を施された「福山琴」。和蝋燭の明かりに照らし出される木目の美しさを愛でながら、琴の音色に酔いしれて。

 

演奏/立川 淑恵(たちかわ よしえ)氏

永田文子氏(生田流宮城社大師範)に師事。生田流宮城社大師範。
1996年箏創作 FAIR ビクター文化財団賞、2011年「万葉愛のうた」で宮城道雄記念コンクール作曲部門2度目の一位入賞する。
2008年、2009年に厳島神社管絃祭奉納演奏、2015年ウィーン Japan Day 演奏、2016年カナダモントリオール平和交流演奏。
広島市在住。

 

広島菜漬と清酒にも舌鼓

当日は、日本三大菜漬のひとつである広島菜漬と、広島広域都市圏の4市(広島県呉市、竹原市、東広島市、山口県岩国市)の酒蔵からお好みのお酒をお選んで楽しむことができます。

古き良き伝統文化に包まれながら、地球のこと、環境のことに思いを馳せる…。そんな特別な時間を過ごしてみませんか。

 

クールアース・デーとは?

2008年の洞爺湖サミットが7月7日の七夕の日に開催されたことをきっかけに、毎年7月7日が「クールアース・デー」として定められました。

年に一度、天の川を見ながら、家庭や職場において地球環境の大切さを日本国民全体で再確認する日。低炭素社会への歩みを実感するとともに、家庭や職場における消灯による電力消費量の抑制と、地球温暖化問題の啓発・取り組みを推進する日として設定されました。

【環境省サイト】
https://ondankataisaku.env.go.jp/coolearthday/

 

イベント概要

GRANVISTA Candle Night「和蝋燭の灯りと福山琴の音」

[日時]2019年7月4日(木)、7月7日(日)17:00~20:00
※福山琴の演奏は7月4日(木)のみ開催
[開催場所]ホテルインターゲート広島 インターゲートラウンジ14階
広島県広島市中区鉄砲町5番16号
[開催内容]和蝋燭の灯りのもと、広島の文化である「広島菜漬・清酒」1セットをご提供。
[料金]
【外来のお客様】7月4日(木)2,000円(税込)、7月7日(日)1,000円(税込)
【宿泊のお客様】 無料
※ラウンジサービス(はちみつバイキングやワイン)も利用できます。
[参加方法]予約不要。直接インターゲートラウンジまで。
[後援]広島市
[協力]一般社団法人ひろしまきもの遊び
[問い合わせ]082-224-6110 ホテルインターゲート広島
[HP]https://www.intergatehotels.jp/hiroshima/

 

※記事内の情報は全て取材時のものです。お出かけ前に確認を