2001年7月7日、七夕の日にオープンした「Beehive(ビーハイブ)」。
店内には店主のこだわりで選ばれた生地やアイアン、革、ミリタリー雑貨がたくさん並びます。
ハンドメイドのベテランも初心者も通うBeehive。20年近くも愛されるお店の魅力をたっぷりとご紹介しましょう!

Beehiveはどんなお店?雑貨屋さんなの?

「Beehive(ビーハイブ) 」【安芸郡府中町浜田本町】

Beehiveは府中町浜田、バス通りにあります。
店主・渡辺真佐子さんはBeehiveを開店される前、ハンドメイドのカントリードールをフリーマーケットなどで販売されていました。するとお客さんから、お店を開いて欲しい!という要望が。

 

アメリカンカントリーの雑貨を扱うお店からスタートしたBeehive。その頃から渡辺さんはご自身の洋服をハンドメイドされていました。その素敵さに注目したお客さんから、今度は身に着けている洋服の素材を販売して欲しい!という声があがり、徐々に扱う商品が変化していったそうです。
渡辺さんとお話しをしているとフレンドリーな雰囲気と頼もしさがを感じられ、ハンドメイドのことなら何でも相談できそう!という気持ちになってきます。

商品の仕入れは店主の目利きで

オープン当初から思い立ったときには海外にも買い付けに行かれています。
ビンテージ雑貨は状態も確認したいので、渡辺さんが実物を見て仕入れをされるそうですよ。
ミリタリー関係の商品はハンドメイドの材料にと扱い始めたそうですが、キャンプ用品として求めに来られるお客さんもいらっしゃるそう。

他店にはないような生地を探している方に人気

Beehiveでは、生地も人気♡リネンやウールなど天然素材のものを、渡辺さんが厳選します。

渡辺さんに選ばれた生地は、他のお店ではなかなか見かけないようなものも。布にこだわりのある方はぜひ!

 

男性にも人気なのは革やアイアン

男性にも人気の革製品。お店で商品を購入されるだけでなく、お店の2階で開かれている教室で革製品の制作に取り組まれる方もいます。
革小物を作りたい、作ってプレゼントしたい!と思っても、素人が個人で完成させるのは難しいもの。
けれど、Beehiveなら素材選びから作り方、デザインまで渡辺さんが相談に乗ってくれるので安心です♡

お店の2階でハンドメイド教室

お店の外階段を上がると、渡辺さんの自宅があります。この自宅で開催されているハンドメイド教室も人気!
毎週定期的に通う「ぬいぬい教室」と、単発で行ける「ちくちく教室」があります。
ちょうどこの日も教室開催中でした。

好きなものを作れる教室なので、キャミワンピースを作られている方と同じテーブルには革製のサンダルを作られている方も。
素材持ち込みOK、何を作ってもOKという自由度の高い教室です。

そして、パソコンやスマホ、ネットについて質問されることも多い渡辺さんは「スマホ教室」もお店の2階で開催されています。

他では手に入らない商品も魅力ですが、何でも相談できそうな渡辺さんの雰囲気と懐の深さがBeehiveの魅力となっているよう。ハンドメイドにはこだわりがある方も、初心者で何も分からないという方も、それぞれに満足できそうですよ♡

レジで「ettoco広島を見た」と伝えてもらうと、選べる素敵なプレゼントを用意してくださっています!ぜひ訪れてみてくださいね。

Beehive(ビーハイブ)