宮島に来たら足を伸ばしてみたい神秘の山「弥山(みせん)」の名所を紹介します。広島の世界文化遺産「嚴島神社」の登録区域の一部ともなっている弥山山麓。弘法大師開基のお堂や、巨大な奇岩が見せる絶景が多くある霊験あらたかな山麓です。宮島の世界遺産の壮麗な社殿を観光した後に、ロープウエーや登山道を使って弥山からの絶景を見に行きませんか。

神秘の山 弥山とは?

宮島の中央部にある標高535m、古くから信仰の対象となる山。
唐から帰国した弘法大師が霊地を探し求めて宮島に立ち寄った際、山の姿が須弥山に似ているところから弥山と名づけたと言われています。
山頂からは360度の眺望、瀬戸内海に浮かぶ島々を望むことができる絶景ポイント。
山頂まではロープウエーを使う方法と登山道を登る方法があります。

参照:宮島ロープウエー http://miyajima-ropeway.info/map/index.html

 

弘法大師開基の修行の場「弥山本堂」

806年に弘法大師によって開基され、弘法大師が100日間の修行を行ったことで知られるお堂。 平宗盛が寄進した重要文化財の大梵鐘が安置されています。

 

1200年以上燃え続ける、霊火堂の「消えずの火」

806年に弘法大師が修法を行った際の護摩木の霊火を、1200年以上たった今も「消えずの火」として残す場所。
この火にかけられる大茶釜で沸かした霊水にはご利益があると言われ、求める人が後をたちません。

 

日本で唯一の鬼の神をまつる「三鬼堂」

鬼の神を祀るお堂で、福徳、智恵、降伏の徳をそなえた弥山の守護神。
天狗とともに強大な神通力で生きとし生けるもの全てを救うとされ、家内安全・商売繁盛にご利益があります。
伊藤博文の信仰が厚く、浄財を出して登山道を整備し頂上からの景観を好んだと言われています。

自然の作り出したトンネル「くぐり岩」

弥山山頂を目前にした場所に突如現れる巨大な岩のトンネル。 周辺には同じような巨大な奇岩が多くあり、自然のダイナミックな景観を楽しむことができます。

弘法大師建造の道場「大日堂」

厳島神社の神護寺として勢力を持ち、明治以前は正月7日間全島の僧が登山して修行した道場。 弘法大師作と言われる大日の来が祀られています。